転職の案件探しをする前に優先順位を明確にする

何かを検索すると、数の多さで閉口してしまう事があります。転職サイトなどで探しますと、数が多くて迷ってしまう事もよくあるのです。

そういう時は、ちょっと優先順位を考えてみると良いでしょう。何を一番優先したいかを明確化しておくと、だいぶ数も少なくなります。

 

1.検索結果が多すぎて困ってしまう

 

昨今では、やはり転職関連のサイトでお仕事を探す方々が多いです。いわゆる求人サイトなどを活用する訳ですが、設定した条件によっては、件数が多くなってしまう場合があります。

要するに、検索エンジンと同じ状況になってしまう事もあるのです。検索エンジンでは、キーワードによっては数百万件以上になる事もあるでしょう。数が多ければ、やはり迷ってしまいます。

応募条件から企業のホンネを読み解く | パソナキャリアの転職コラム

 

2.希望条件が多すぎると検索結果も多くなる

 

ところで転職活動に関する希望条件は、色々な要素があります。

・交通至便
・収入
・やりがい
・労働時間

サイトで探す時には、これらの中から自分の希望する要素を選ぶ事になるのです。そして件数は、選択した要素に左右される傾向があります。

上記4つを全て選択した時などは、どうしても検索結果は多くなってしまうのです。サイトによっては、数千件以上になってしまう事もあります。

さすがに、その中から自分に最適な会社を探すのは大変です。

 

3.一番優先したい項目だけを選ぶ

 

どうすれば良いかというと、やはり優先順位を明確化する事です。例えば、何よりも労働時間を優先したいとします。

収入などは多少妥協できるので、できるだけ労働時間が短い会社が望ましいと思う事もあるでしょう。

そういう時は、もちろん上記4点目の労働時間が最優先事項になります。ですからサイトで検索する時は、それだけを選んでみるやり方もあるのです。

4つ全てを選択すると数万件ですが、労働時間だけを選んだ時は、数百件など少なくなる事もあります。数がある程度絞り込まれれば、最適な案件も探しやすくなるでしょう。

また労働時間というより収入を最優先にしたいなら、もちろんそれだけを選んで検索してみれば良いのです。優先順位とは、そのような意味になります。

 

面接の為にも優先順位を付ける

 

ですから優先順位については、

・検索結果の多さで困ってしまう事がある
・何を一番優先したいかを決める
・最優先の項目だけを選んで検索すると良い

このように言えます。また優先順位を整理しておけば、志望動機もまとめやすくなります。面接では志望動機も確実に質問されますし、順位を決めておく方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です