転職のタイミングはいつがベストなのか

転職するタイミングがいつがベストか、と言われると絶対的な正解はありません。

とはいえ、転職は人生の大きなターニングポイントになることは間違いないですから、転職のタイミングについての情報もあるに越したことはありません。

今回は、転職の必要がある可能性とタイミングについて考えます。

 

1.働けなくなった場合

 

働けなくなる、と一口に言っても様々な場合があります。例えば、

・妊娠
・出産
・自身や親が病気にかかった
・自身や親が大けがをした

などといった場合です。このケースで転職を考えるのは、仕事の拘束時間の関係である場合が殆どです。

お金が足りないというケースもありますが、いずれにせよこのケースで転職を考える場合は、現状のままでは生活が破綻してしまう、といった場合が多いため、転職に迷う必要も余裕もなく、すぐに転職をするべきです。この場合は上司や人事の人も理解してくれます。

 

2.働きたくなくなった場合

 

厄介なのはこちらのケースで、客観的には、完全には転職の必要性を判断しきれません。仕事の給料や休暇、制度などに不満がある場合は、他の人、上司などに相談してみましょう。

また就業規則などに相違があった際には、上層部は対応してくれる場合もあります。

最近は、ブラック企業、というレッテルが企業にとって大きなダメージを与えるようになり、またSNSの普及によって社員の待遇などがリアルタイムで不特定多数に報告されてしまいます。

このため近年は企業はサービス残業などに敏感になっているのでこういった相談をするのは効果的です。それ以外の場合、例えば、なんとなく仕事を辞めたくなるときも当然あります。

この場合に転職をするべきか否かは、本人にしか決められません。

多くの場合、転職活動というのは聞こえも悪く、また厳しい世界であり、長い間採用が決まらないと年齢の影響もあってそのまま仕事が見つからないかもしれない、という不安から両親や知人、人事の方などは転職を止めるでしょう。

少なくとも、精神的、あるいは肉体的に耐えられなくなったらすぐに辞めるべきです。

周りに流されるタイプの人も大丈夫!「決断力」を身に付けて未来を 

 

最終的には自分の人生

 

どんなに他人に止められたとしても、結局会社に残って辛い思いをすることになるのは自分自身です。

ですから、自分はこのまま会社にいたらどうなるのか、辞めたいと考えているのは今だけなのか、辞めざるを得ない状況にあるのか、それを時間をかけてきっちり分析し、相談を多くして転職するかどうかを慎重にあなた自身が決めるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です