転職サイトに登録した時のスカウトとそのメリット

人材サービスの会社によっては、スカウトという機能があります。いわゆる求職者に対する声がけですが、採用される確率が比較的高いのが特徴的です。

転職サイトのメリットの1つとも言えるでしょう。ちなみにスカウトにも2つのパターンがあるのです。

 

1.サイト登録からスカウトまでの流れ

 

スカウトの流れは次の通りです。まずは、どこかの転職サービスのサイトに対して無料登録をします。その際に、自分の職歴や意気込みなどのデータを登録する事になるのです。

ところでサイトに登録しているのは、求職者だけではありません。様々な企業も、転職サイトに登録しています。企業側は、状況に応じて求職者のデータを見る事ができます。

それで誰かのデータに興味を持った時には、企業は求職者に声をかける事ができます。それが、いわゆるスカウトです。

ですから大まかな流れは、

・サイトへの無料登録
・求職データの入力
・企業による情報閲覧
・企業からの声かけ

このようになります。

 

2.会社側が興味を持っているメリット

 

このシステムは、企業が興味を持ってくれている事が大きなメリットと言えます。求職者側でなく、会社側が興味を持っている点がポイントです。

そもそも求人雑誌などで電話応募した時は、電話をかけてきた応募者に対して、企業側が興味を持っているとは限らないでしょう。

不明確な一面もあります。ところがスカウトの場合は、企業は既に求職者の何らかの要素に興味を持ってくれているのです。少なくとも興味を持ってくれているなら、内定率は高まるでしょう。

それが、スカウト機能の最大のメリットです。

 

3.スカウトによる様々な優遇

 

現にスカウトによって応募した時には、優遇される事もあります。1次選考は免除になったり、本来は不可能な社内見学が可能になる事もあります。

また企業によっては、前職と同じ位の給料を保証してくれる事もあるのです。

転職体験レポート会社の経営悪化をきっかけに転職を決意。

 

4.エージェントによるスカウトもある

 

ちなみにスカウトは、2つの種類があります。上記は企業から直接スカウトされたパターンですが、そもそも転職サイトには複数の人材紹介会社やエージェントも登録しています。

ですから企業ではなく、エージェントからスカウトされるパターンもある訳です。

 

サイトへの登録がおすすめ

 

ちなみにスカウトされる為には、転職サイトに対する登録は必ず必要です。登録しておかなければ、声がかかる事もありません。そしてスカウトは、やはり一般応募よりも採用される確率は高いです。いち早く転職したい時には、サイトには登録しておく方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です