転職の合同説明会にはどういうメリットがあるか

お仕事探しをするなら、イベントに参加してみる手段もあります。例えば合同説明会です。企業研究などの目的では、大いに有効な手段と言えます。

不明点などをその場で質問できますし、一度は参加してみると良いでしょう。

80%の転職経験者が感じる転職後のギャップ。ギャップを避けて転職 

 

1.企業研究とインターネットという手段

 

転職活動をする場合、やはり企業研究は欠かせません。問題無い企業かどうかは、よくリサーチをしておきたいものです。ところで研究の為には、WEBという手段もあります。

各社の公式サイトを見るだけでも、大まかな内容は把握できるでしょう。また口コミという手段もあります。

 

2.ネットには掲載されていない情報が分かる

 

しかし、それでも合同説明会に出席してみる方が良いでしょう。というのも説明会では、WEBではなかなか分からない情報も多いからです。

そもそも各企業としては、あらゆる情報をWEBで一般公開できる訳ではありません。様々な守秘義務などの問題があり、全てをインターネットで知るのは難しいのです。

ところが説明会に参加すると、WEBでは分からない情報を知ることができます。

 

3.担当者の雰囲気などが分かるメリット

 

例えば、人事担当者の雰囲気です。合同説明会には、もちろん各社の人事担当の方々が参加しています。であれば、もちろん人事担当者の人柄なども確認する事ができます。

また担当者が醸し出す雰囲気により、社風が垣間見えることも多々あるのです。そういう情報は、なかなかインターネットで把握するのは難しいでしょう。

 

4.自社オフィスで行われる説明会

 

ところで会社の情報を知りたい時は、合同説明会以外の手段もあるのです。例えば会社のオフィスに直接訪問するという手段もあります。

現にいくつかの企業では、自社オフィスで説明会も実施しているのです。

 

5.不明点を質問しやすいメリット

 

確かに自社オフィスに訪問するのも一法なのですが、それよりは合同説明会がおすすめです。なぜなら説明会では、雰囲気が非常に気軽だからです。

どこかの企業に興味があるなら、質問をぶつけたいと思う事もあるでしょう。自社オフィスですと、なかなか質問しづらい雰囲気なのです。

ところが合同説明会は、非常にフランクな雰囲気です。それだけ不明点も確認しやすいので、おすすめです。

 

企業研究の為に参加してみる

 

ですから転職の合同説明会には、主に次のメリットあるのです。

・Webで公開されていない情報が分かる
・人事担当者の雰囲気も分かる
・自社オフィスでの説明会よりも質問しやすい

つまり合同説明会は、企業研究に関する情報を集めやすい訳です。転職先を色々比較してみたい時などは、やはり参加してみるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です