転職活動での引き継ぎとその主な注意点

転職で内定になった時には、まだどこかの会社に在職している事はあります。その場合、現在のお勤め先は退職する事になるでしょう。

その際に1つポイントがあり、引き継ぎ手続きはスムーズに済ませる必要があります。転職先が迷惑してしまう可能性があるからです。

マナーを確認!退職届と退職願の違いと書き方を知って – ランス

 

1.退職に際して引き継ぎを行う

 

例えば現在会社Aに勤めていて、めでたくBという会社での転職が確定したとします。この場合Aは退職する事にはなりますが、その段階で自分は何か仕事を任されている訳です。

当然その仕事を放置する訳にもいきません。Aが迷惑してしまいますから、残された従業員に仕事を引き継ぐ必要があります。

どういう段取りで仕事を行っているかも話す必要はありますし、もちろん仕事のやり残しなども無いようにすべきです。

 

2.引き継ぎ手続きの長期化

 

ところでこの引き継ぎの期間が、実は1つのポイントになるのです。必ずしも短期で完了するとは限りませんから、要注意です。最初の内は、てっきり1ヶ月もあれば引き継ぎが完了すると思い込んでいたとします。

しかし現実には、1ヶ月では終わらない事も多いのです。1ヶ月どころか、1ヶ月半や2ヶ月ほどを要してしまう事もあります。つまり、想定外に長引いてしまう訳です。

 

3.内定取り消しなどの問題点

 

この長期化には、様々な問題点があります。例えばB社に対して、1ヶ月後には入社すると話してしまった時です。

てっきり引き継ぎが1ヶ月以内に終了すると思い込んでいたので、そういう話になる事もあります。しかし引き継ぎで2ヶ月を要してしまうと、それこそB社が迷惑してしまうでしょう。

一番怖いのは、B社からの内定取り消しです。実際あまりにも長引いてしまうと、本当に取り消されてしまう事があります。しかもA社には退社するという旨を伝えている訳ですから、それこそ大変です。

 

4.引き継ぎの問題点を避ける方法

 

それを避ける為には、やはり期間的な余裕を持たせておくべきでしょう。少なくとも、「引き継ぎは時間がかかる」という意識を強く持っておく方が良いです。

思った以上に長期化する傾向があるからです。それと、やはり計画作りです。引き継ぎが短期で完了するかどうかも、仕事の段取り次第でしょう。

きちんと計画を立てて引き継ぎを進めていかないと、やはり長期化してしまいます。

 

長期化する可能性は要注意

 

ですから転職時の引き継ぎは、

・思ったよりも長引く傾向がある
・長引けば内定取り消しもあり得る
・計画を立てることが大切

このように言えるでしょう。結局は、やはり1つ目の「長引く」可能性を強く意識する事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です