転職の合同説明会にはどういうメリットがあるか

お仕事探しをするなら、イベントに参加してみる手段もあります。例えば合同説明会です。企業研究などの目的では、大いに有効な手段と言えます。

不明点などをその場で質問できますし、一度は参加してみると良いでしょう。

80%の転職経験者が感じる転職後のギャップ。ギャップを避けて転職 

 

1.企業研究とインターネットという手段

 

転職活動をする場合、やはり企業研究は欠かせません。問題無い企業かどうかは、よくリサーチをしておきたいものです。ところで研究の為には、WEBという手段もあります。

各社の公式サイトを見るだけでも、大まかな内容は把握できるでしょう。また口コミという手段もあります。

 

2.ネットには掲載されていない情報が分かる

 

しかし、それでも合同説明会に出席してみる方が良いでしょう。というのも説明会では、WEBではなかなか分からない情報も多いからです。

そもそも各企業としては、あらゆる情報をWEBで一般公開できる訳ではありません。様々な守秘義務などの問題があり、全てをインターネットで知るのは難しいのです。

ところが説明会に参加すると、WEBでは分からない情報を知ることができます。

 

3.担当者の雰囲気などが分かるメリット

 

例えば、人事担当者の雰囲気です。合同説明会には、もちろん各社の人事担当の方々が参加しています。であれば、もちろん人事担当者の人柄なども確認する事ができます。

また担当者が醸し出す雰囲気により、社風が垣間見えることも多々あるのです。そういう情報は、なかなかインターネットで把握するのは難しいでしょう。

 

4.自社オフィスで行われる説明会

 

ところで会社の情報を知りたい時は、合同説明会以外の手段もあるのです。例えば会社のオフィスに直接訪問するという手段もあります。

現にいくつかの企業では、自社オフィスで説明会も実施しているのです。

 

5.不明点を質問しやすいメリット

 

確かに自社オフィスに訪問するのも一法なのですが、それよりは合同説明会がおすすめです。なぜなら説明会では、雰囲気が非常に気軽だからです。

どこかの企業に興味があるなら、質問をぶつけたいと思う事もあるでしょう。自社オフィスですと、なかなか質問しづらい雰囲気なのです。

ところが合同説明会は、非常にフランクな雰囲気です。それだけ不明点も確認しやすいので、おすすめです。

 

企業研究の為に参加してみる

 

ですから転職の合同説明会には、主に次のメリットあるのです。

・Webで公開されていない情報が分かる
・人事担当者の雰囲気も分かる
・自社オフィスでの説明会よりも質問しやすい

つまり合同説明会は、企業研究に関する情報を集めやすい訳です。転職先を色々比較してみたい時などは、やはり参加してみるのが良いでしょう。

転職活動での引き継ぎとその主な注意点

転職で内定になった時には、まだどこかの会社に在職している事はあります。その場合、現在のお勤め先は退職する事になるでしょう。

その際に1つポイントがあり、引き継ぎ手続きはスムーズに済ませる必要があります。転職先が迷惑してしまう可能性があるからです。

マナーを確認!退職届と退職願の違いと書き方を知って – ランス

 

1.退職に際して引き継ぎを行う

 

例えば現在会社Aに勤めていて、めでたくBという会社での転職が確定したとします。この場合Aは退職する事にはなりますが、その段階で自分は何か仕事を任されている訳です。

当然その仕事を放置する訳にもいきません。Aが迷惑してしまいますから、残された従業員に仕事を引き継ぐ必要があります。

どういう段取りで仕事を行っているかも話す必要はありますし、もちろん仕事のやり残しなども無いようにすべきです。

 

2.引き継ぎ手続きの長期化

 

ところでこの引き継ぎの期間が、実は1つのポイントになるのです。必ずしも短期で完了するとは限りませんから、要注意です。最初の内は、てっきり1ヶ月もあれば引き継ぎが完了すると思い込んでいたとします。

しかし現実には、1ヶ月では終わらない事も多いのです。1ヶ月どころか、1ヶ月半や2ヶ月ほどを要してしまう事もあります。つまり、想定外に長引いてしまう訳です。

 

3.内定取り消しなどの問題点

 

この長期化には、様々な問題点があります。例えばB社に対して、1ヶ月後には入社すると話してしまった時です。

てっきり引き継ぎが1ヶ月以内に終了すると思い込んでいたので、そういう話になる事もあります。しかし引き継ぎで2ヶ月を要してしまうと、それこそB社が迷惑してしまうでしょう。

一番怖いのは、B社からの内定取り消しです。実際あまりにも長引いてしまうと、本当に取り消されてしまう事があります。しかもA社には退社するという旨を伝えている訳ですから、それこそ大変です。

 

4.引き継ぎの問題点を避ける方法

 

それを避ける為には、やはり期間的な余裕を持たせておくべきでしょう。少なくとも、「引き継ぎは時間がかかる」という意識を強く持っておく方が良いです。

思った以上に長期化する傾向があるからです。それと、やはり計画作りです。引き継ぎが短期で完了するかどうかも、仕事の段取り次第でしょう。

きちんと計画を立てて引き継ぎを進めていかないと、やはり長期化してしまいます。

 

長期化する可能性は要注意

 

ですから転職時の引き継ぎは、

・思ったよりも長引く傾向がある
・長引けば内定取り消しもあり得る
・計画を立てることが大切

このように言えるでしょう。結局は、やはり1つ目の「長引く」可能性を強く意識する事が大切です。

転職する為には貯金は何円程度必要か

転職活動は、色々なお金がかかるものです。生活費も必要ですし、証明写真や交通費など様々な費用がかかる事だけは間違いありません。

このため、転職に備えて貯金をしておく事も大切です。ただ具体的にどれくらいの費用が必要か、気になる事もあるでしょう。

 

1.生活費を元に算出する

 

転職で必要な貯金は、生活費との比例関係があります。今までかかった生活費を基準に算出してみるのが良いでしょう。

基本的には、生活費がそのまま必要という考え方でも問題はありません。しかし、失業手当ても関わってくる事があります。

 

2.1年分程度の生活費は必要

 

具体的には、1年分の生活費が必要と考えておく方が良いでしょう。例えば1ヶ月分の生活費が15万程度なら、単純計算で220万円が必要になります。

15に12ヶ月分を乗じると、220という数字が算出されるからです。もちろんさらに多くの生活費が必要なら、もう少し多くの貯金が求められるでしょう。

 

3.貯金額は1年分は確保しておくべき

 

なぜ1年分かというと、期間が大体それ位になる事が多いからです。当然ですが、転職先は直ちに見付かるとは限りません。

知人からの紹介があるなら話は別ですが、それなりに長期化する事も考えておく必要はあります。その目安が、おおむね1年分になる訳です。

少なくとも、半年程度の貯金は用意しておくべきでしょう。さすがに3ヶ月分などの予算では、ちょっと難しい傾向があります。

 

4.失業手当てを差し引く

 

しかし、実際には失業手当てが関わってくる事もあるのです。退職後には、職安に退職した旨を伝える事にはなるでしょう。

一定の待機期間を経た上で、再就職手当てが払われる事になります。その分を差し引いた金額が、求められる貯金額になる訳です。

ですから再就職手当てが100万支払われるなら、上記の220という数字から差し引いて、120万が必要という事になります。

 

5.失業手当てを考慮せずに貯金額を算出

 

ただし失業手当ては、あまり当てにできないという意見もあります。待機期間などの様々な審査があるからです。

状況によっては支払われない可能性もありますから、上記の100万という数字は無いものとして考えるべきという意見もあります。ですから、結局は220万用意しておく方が無難ではあります。

就職活動時もタイミングを間違わなければ給料の確認は可能 – PRO

 

転職の為に必要な金額のまとめ

 

ですから転職で必要な貯金額は、

・生活費1年分は必要
・最低でも半年分
・上記数字から失業手当てを差し引く
・失業手当てをアテにしないで算出する方法も

主にこのように言えます。ただし在職中に内定先を決めた時は、この限りではありません。どこかの会社を退職した上で、改めて転職先を見つける方々ならば、貯金は必要になる事が多いのです。

転職の案件探しをする前に優先順位を明確にする

何かを検索すると、数の多さで閉口してしまう事があります。転職サイトなどで探しますと、数が多くて迷ってしまう事もよくあるのです。

そういう時は、ちょっと優先順位を考えてみると良いでしょう。何を一番優先したいかを明確化しておくと、だいぶ数も少なくなります。

 

1.検索結果が多すぎて困ってしまう

 

昨今では、やはり転職関連のサイトでお仕事を探す方々が多いです。いわゆる求人サイトなどを活用する訳ですが、設定した条件によっては、件数が多くなってしまう場合があります。

要するに、検索エンジンと同じ状況になってしまう事もあるのです。検索エンジンでは、キーワードによっては数百万件以上になる事もあるでしょう。数が多ければ、やはり迷ってしまいます。

応募条件から企業のホンネを読み解く | パソナキャリアの転職コラム

 

2.希望条件が多すぎると検索結果も多くなる

 

ところで転職活動に関する希望条件は、色々な要素があります。

・交通至便
・収入
・やりがい
・労働時間

サイトで探す時には、これらの中から自分の希望する要素を選ぶ事になるのです。そして件数は、選択した要素に左右される傾向があります。

上記4つを全て選択した時などは、どうしても検索結果は多くなってしまうのです。サイトによっては、数千件以上になってしまう事もあります。

さすがに、その中から自分に最適な会社を探すのは大変です。

 

3.一番優先したい項目だけを選ぶ

 

どうすれば良いかというと、やはり優先順位を明確化する事です。例えば、何よりも労働時間を優先したいとします。

収入などは多少妥協できるので、できるだけ労働時間が短い会社が望ましいと思う事もあるでしょう。

そういう時は、もちろん上記4点目の労働時間が最優先事項になります。ですからサイトで検索する時は、それだけを選んでみるやり方もあるのです。

4つ全てを選択すると数万件ですが、労働時間だけを選んだ時は、数百件など少なくなる事もあります。数がある程度絞り込まれれば、最適な案件も探しやすくなるでしょう。

また労働時間というより収入を最優先にしたいなら、もちろんそれだけを選んで検索してみれば良いのです。優先順位とは、そのような意味になります。

 

面接の為にも優先順位を付ける

 

ですから優先順位については、

・検索結果の多さで困ってしまう事がある
・何を一番優先したいかを決める
・最優先の項目だけを選んで検索すると良い

このように言えます。また優先順位を整理しておけば、志望動機もまとめやすくなります。面接では志望動機も確実に質問されますし、順位を決めておく方が良いでしょう。

転職活動でスケジュールを組む事が大切な理由

会社で作業をする場合、スケジュールを組むのが大切と言われる事はよくあります。それは、転職も例外ではありません。

効率良く転職活動を進めるためには、やはりスケジュールを組んでおくべきでしょう。それは転職期間にも関わってきます。

 

1.なぜスケジュールを組む必要があるか

 

スケジュールを組む目的は色々ありますが、例えば目標を明確にする意味合いがあります。転職活動は、たまに長期化してしまう事があるのです。

最初は3ヶ月で転職が完了すると思っていたのに、思ったよりも長引いてしまう事も珍しくありません。それはたいていスケジュール作りが曖昧だからです。

目標期間を決めた上でスケジュールを立てておかないと、どうしても転職は長引いてしまう傾向があります。まして活動が長期化してしまえば、多くの費用を使う事になってしまうでしょう。

生活費などの問題も軽視できませんから、スケジュールを立てる事は大切です。

 

2.引き継ぎにも大きく関わってくる

 

ところでどこかの会社を退職して転職する場合は、たいていは引き継ぎ手続きが必要です。後任者に対して、業務内容を明確に伝える必要はあるでしょう。ところが、思った以上に長引いてしまう事もあるのです。

引き継ぎは意外と難航してしまう事も多く、予想の2倍程度の期間を要してしまう事もあります。しかし、それもスケジュール次第なのです。

長期化する事を前提に、しっかりとスケジュールを組んでおけば、意外とスムーズに引き継ぎが完了する事も珍しくありません。長期化してしまえば、転職先が迷惑してしまう事もあります。

引き継ぎに関するスケジュールは、しっかり組み立てるべきです。

退職の準備 – DODA

 

3.効率良く転職する為に計画を立てる

 

それと効率です。転職活動をするにしても、できるだけ効率良く行いたいものです。やはりスケジュールを組んでおく方が、お仕事探しもスムーズに進む傾向はあります。

面接対策や担当者との日程調整なども含めて、スケジュールは綿密に組む方が良いでしょう。ちなみに計画を立てるのは、多少の手間はあります。

しかし計画を組むと、明らかに効率は良くなる訳ですから、怠らないよう心がけたいものです。

 

転職スケジュールを組む意義

 

以上を踏まえれば、

・転職の長期化を防ぐ為にスケジュールを組む事は大切
・引き継ぎをスムーズに行うためにも計画を作る
・効率良く転職する目的もある

このようにスケジュールを組む事は、大いに意味がある訳です。想定以上に転職が長引いてしまっては、あまり良い事はありません。早く良い会社で働く為にも、綿密に計画を立てると良いでしょう。

転職のタイミングはいつがベストなのか

転職するタイミングがいつがベストか、と言われると絶対的な正解はありません。

とはいえ、転職は人生の大きなターニングポイントになることは間違いないですから、転職のタイミングについての情報もあるに越したことはありません。

今回は、転職の必要がある可能性とタイミングについて考えます。

 

1.働けなくなった場合

 

働けなくなる、と一口に言っても様々な場合があります。例えば、

・妊娠
・出産
・自身や親が病気にかかった
・自身や親が大けがをした

などといった場合です。このケースで転職を考えるのは、仕事の拘束時間の関係である場合が殆どです。

お金が足りないというケースもありますが、いずれにせよこのケースで転職を考える場合は、現状のままでは生活が破綻してしまう、といった場合が多いため、転職に迷う必要も余裕もなく、すぐに転職をするべきです。この場合は上司や人事の人も理解してくれます。

 

2.働きたくなくなった場合

 

厄介なのはこちらのケースで、客観的には、完全には転職の必要性を判断しきれません。仕事の給料や休暇、制度などに不満がある場合は、他の人、上司などに相談してみましょう。

また就業規則などに相違があった際には、上層部は対応してくれる場合もあります。

最近は、ブラック企業、というレッテルが企業にとって大きなダメージを与えるようになり、またSNSの普及によって社員の待遇などがリアルタイムで不特定多数に報告されてしまいます。

このため近年は企業はサービス残業などに敏感になっているのでこういった相談をするのは効果的です。それ以外の場合、例えば、なんとなく仕事を辞めたくなるときも当然あります。

この場合に転職をするべきか否かは、本人にしか決められません。

多くの場合、転職活動というのは聞こえも悪く、また厳しい世界であり、長い間採用が決まらないと年齢の影響もあってそのまま仕事が見つからないかもしれない、という不安から両親や知人、人事の方などは転職を止めるでしょう。

少なくとも、精神的、あるいは肉体的に耐えられなくなったらすぐに辞めるべきです。

周りに流されるタイプの人も大丈夫!「決断力」を身に付けて未来を 

 

最終的には自分の人生

 

どんなに他人に止められたとしても、結局会社に残って辛い思いをすることになるのは自分自身です。

ですから、自分はこのまま会社にいたらどうなるのか、辞めたいと考えているのは今だけなのか、辞めざるを得ない状況にあるのか、それを時間をかけてきっちり分析し、相談を多くして転職するかどうかを慎重にあなた自身が決めるべきです。

今の職場を離れたい!転職の効率的な手順って?

今の職場では収入が足りない、人間関係に疲れてしまった、ステップアップしたい、など、転職の理由は様々です。しかし、一度落ち着いた職場を離れるは勇気がいりますよね。

さらに転職の方法もよくわからない方が多いと思います。そんな方のために、転職活動をより効率よく進めるための手順についてお教えします。

 

1.転職の具体的なイメージを固める

 

転職の意志が固まったら、自分がこれから転職するまでのイメージを描きましょう。まずは何故転職したいのかという目的をハッキリさせておくことが重要です。転職先を決めるにあたって大切な材料となります。

転職目的は一つの方もいれば複数の理由がある方もいると思いますが、複数ある方は何が一番の目的なのか、順番を付けておくと転職先選びの取捨選択を効率よく行うことができます。

目的が決まったら、希望の入社時期を設定しましょう。入社したい時期を決めることによって、これから自分が動くべきスケジュールを入社時期から逆算して決めていくことができます。

一社受けて受かるとは限りませんから、余裕をもたせたスケジュールを組みましょう。

 

2.イメージが固まったら行動

 

だいたいのイメージが固まったら次は行動に移さなければなりませんね。目的と入社時期が決まれば、それがモチベーションになるはずです。最初の壁は退職を伝えることになります。

会社によって退職を伝える時期が違ってくるので、マニュアルを確認してトラブルのないよう退職の旨を伝えましょう。一般的に3~6か月前に伝えておくことがベターです。

退職が決まっても、仕事の引き継ぎはしっかり終わらせておく必要があります。できるだけ気持ちよく転職先にうつれるよう努力しましょう。退職の目途が立ったらいよいよ転職先探しです。

一人で探そうとすると効率が悪く、大変なので転職に関するサービスを積極的に利用することをおすすめします。

一旦転職手順を整理すると

・転職イメージを固める(目的、入社時期)
・スケジュールを決める
・退職の申し出、仕事の引き継ぎ
・転職先探し

この4点を抑えることが大事です。

 

3.おすすめ転職方法

 

転職先を探すといっても、最初は何から始めていいのかわかりませんよね。一人で動くのは心細いものです。実は世の中には転職をサポートしてくれるサービスがいくつもあるのです。

まずおすすめするのが転職エージェント(人材紹介会社)です。転職するとはいっても現在の職場で働かなければならず、忙しいですよね。

そんな方の代わりに転職のプロが転職先を探してくれたり、履歴書の添削、面接練習、企業への応募や日程調整などをなんと無料でしてくれるのです。

他にも役立つサービスが満載なので、是非利用してみてくださいね。他にも、ハローワークが在職中であっても利用可能なことをご存知でしょうか。何より公共機関という点が安心できますよね。

ハローワークも無料で利用可能なので是非視野に入れてみてください。

 

転職を効率よく進めるには

 

転職を決めたらまず、具体的なイメージを固めることが大切です。トラブルが起きないよう、ゆとりを持って転職活動を行いましょう。

転職先を探すのは大変ですが、無料サービスをうまく活用することによって成功への一歩が踏み出せます。

信頼できる転職求人サイトおすすめランキング紹介はこちら